ジェットスター・ジャパンの国内線初体験記

旭川から羽田間の3分の1以下の料金に愕然とした

旭川から羽田間の3分の1以下の料金に愕然とした | 約1時間30分のフライトなので、特に何も注文しなかった | 時間に余裕があればまた利用してもいいかな、と思った

北海道の旭川に住んでいる私が、札幌の千歳空港発成田空港行きの便に乗ることになったのは、通常利用している旭川空港から羽田便が満席で利用できなかったことが理由です。
1日出発日をずらせば空席があったのですが、どうしてもその日にいかなければならなかったため、やむなく千歳空港を利用することとなりました。
とりあえずチケットを購入する必要があり、いつものように大手航空会社のサイトを開きましたが、ふと、千歳からはLCCも運航していることを思い出して、ジェットスター・ジャパンの公式サイトを見てみることにしました。
「フライトを検索」を利用してフライトの確認をしてみたところ、千歳から成田間がおよそ4000円程度と、旭川から羽田間の3分の1以下の料金に愕然として、迷わずすぐに予約を入れました。
初めて利用するので利用方法を確認したところ、荷物を預けるのは有料とのことでしたが、持ち込める荷物は1人につき合計2個までで、総重量7キロ以内とのことだったので問題はありませんでした。
当日は旭川駅から札幌駅経由の特急に乗り千歳空港まで行く必要があったので、搭乗時間の6時間前には家を出ることが少々面倒ではありましたが、無事に3時間前には千歳空港に到着し、スマートホンのアプリでチェックインを済ませようとしたところなぜかエラーとなってしまい、空港カウンターでスタッフに訊ねました。
すると、今回予約した席が非常口前の足元の広い席であったため、アプリでは発券できないとの説明があり、カウンターでのチケット発券となりました。

ジェットスターの支払番号がこねえ。


いい席取っても往復1万ありがとう。


アメリカの国内便レベルで移動できるとマジ嬉しい。

— へっぽこさん。
SPNマラソン中(ΦωΦ)ノω (@heppokonano4) 2018年10月15日